前上がりのショツト

☆前上がりのショツト☆
ボールの位置が スタンスより高い位置に有るので、クラブを短く持って構える事になります。

スイング中に(かかと)に重心が かかり過ぎて 後ろに、よろけ、無い様 アドレスの時に少し、爪先に重心を かけて、それを保って スイングする事を心がけましょう。
(注)かかと、に重心が かかり過ぎた スイングをすると ヘッドの先の方に当たて、思う以上に右の方向に飛んで、今より もっと上場所で打つ事になります。

それと フェースラインは ターゲットを向いていますが ヘッドの(打面)は ショートアイアンになる程、左側を向きます。
目標は ショートアイアンに なる程右側に向く度合いを大きくしましょう。


左足下がりからのショット

☆左足下がりからのショット☆
ボールの位置が、ヘッドが当たるまでに右からの傾斜が有り、ボールの手前に、ヘッドが当たりやすい。 かといって、ボールだけに当て様とすると、トップ ボールになり易い。ベストは、ボールの前後、10Cmずつ ぐらい、ヘッドを傾斜に沿って滑らせる様に、スイングする事です。
球筋は、アウトサイドインの軌道で、ショツトしますので、スライス系の球筋になり易いでしょう。


前下がりからのショツト

☆前下がりからのショツト☆
ボールの位置が足より低い所に有るので、ヘッドがボールに届きにくい。又、バランスを保って、フィニッシュまで振り切りにくいので、難しいショツトになります。 構えは、クラブを長く握って、体重が両足つま先にかかって、前のめり、にならない様に腰しっかりと落ち着かせ、膝に柔軟性を持たせて、インパクトまでは、構えた姿勢を保って、スイングする事を心がけましょう。球筋は十分に振り切れ無いので、スライス系になる事が多いでしょう。


傾斜からのショツト。

状態を大きく分けるとボールに対して、前下がり、左足下がり、前上がり、左足上がり、なります。 傾斜の度合いが大きい程、ショツトしにくく、それによって平地の様に距離も飛びません。


ミスショツトが出る原因

以上のショツトは、ボールを上げ様として、クラブヘッドで、すくい上げ様とかしない事です。ダブリ、トップ、などの色んな、ミスショツトが出る原因になります。 ボールを上げる時は、クラブフェースを開いて上げるべきです。 ショツトする時のイメージは、大きな時計の文字盤の中に入って、12時が、頭、6時が、ボール、秒針が、クラブヘッドと、思って、クラブヘッドの重さを感じながら、スイングするのが、ベストです。☆バンカーショツト☆ (エクスプロージョン、ショツト)ピッチショツトを応用して、ボールの手前から、ダブル打ち形で、十分、バンカーら出ます。距離感は、クラブの振り幅、スピードなどでしますが、体験しながら、掴んで行くものです。


カテゴリ
最新の記事
プロフィール
日本プロゴルフ協会会員A級インストラクター:椛島敏文
サイト内検索
カレンダー
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
モバイル
このサイトを携帯で見る
このサイトを携帯で見る
その他