左足上がりのショツト

☆左足上がりのショツト☆
 ヘッドが ボールに当たるまでに 右下がりの傾斜が有るので 比較的 ボールは ヒットし易いでしょう。
傾斜の度合いに比例して、左足側に体重移動が出来 難いので ヘッドが ターンし易く 球筋は フック系の球筋になるでしょう。


前上がりのショツト

☆前上がりのショツト☆
ボールの位置が スタンスより高い位置に有るので、クラブを短く持って構える事になります。

スイング中に(かかと)に重心が かかり過ぎて 後ろに、よろけ、無い様 アドレスの時に少し、爪先に重心を かけて、それを保って スイングする事を心がけましょう。
(注)かかと、に重心が かかり過ぎた スイングをすると ヘッドの先の方に当たて、思う以上に右の方向に飛んで、今より もっと上場所で打つ事になります。

それと フェースラインは ターゲットを向いていますが ヘッドの(打面)は ショートアイアンになる程、左側を向きます。
目標は ショートアイアンに なる程右側に向く度合いを大きくしましょう。


左足下がりからのショット

☆左足下がりからのショット☆
ボールの位置が、ヘッドが当たるまでに右からの傾斜が有り、ボールの手前に、ヘッドが当たりやすい。 かといって、ボールだけに当て様とすると、トップ ボールになり易い。ベストは、ボールの前後、10Cmずつ ぐらい、ヘッドを傾斜に沿って滑らせる様に、スイングする事です。
球筋は、アウトサイドインの軌道で、ショツトしますので、スライス系の球筋になり易いでしょう。


前下がりからのショツト

☆前下がりからのショツト☆
ボールの位置が足より低い所に有るので、ヘッドがボールに届きにくい。又、バランスを保って、フィニッシュまで振り切りにくいので、難しいショツトになります。 構えは、クラブを長く握って、体重が両足つま先にかかって、前のめり、にならない様に腰しっかりと落ち着かせ、膝に柔軟性を持たせて、インパクトまでは、構えた姿勢を保って、スイングする事を心がけましょう。球筋は十分に振り切れ無いので、スライス系になる事が多いでしょう。


傾斜からのショツト。

状態を大きく分けるとボールに対して、前下がり、左足下がり、前上がり、左足上がり、なります。 傾斜の度合いが大きい程、ショツトしにくく、それによって平地の様に距離も飛びません。


ミスショツトが出る原因

以上のショツトは、ボールを上げ様として、クラブヘッドで、すくい上げ様とかしない事です。ダブリ、トップ、などの色んな、ミスショツトが出る原因になります。 ボールを上げる時は、クラブフェースを開いて上げるべきです。 ショツトする時のイメージは、大きな時計の文字盤の中に入って、12時が、頭、6時が、ボール、秒針が、クラブヘッドと、思って、クラブヘッドの重さを感じながら、スイングするのが、ベストです。☆バンカーショツト☆ (エクスプロージョン、ショツト)ピッチショツトを応用して、ボールの手前から、ダブル打ち形で、十分、バンカーら出ます。距離感は、クラブの振り幅、スピードなどでしますが、体験しながら、掴んで行くものです。


グリーン周りからの、ショツト

★ピッチエンドラン★ボールが落下して、ボールの勢いで転げる、ショツト。使用クラブは☆アプローチ、ウエッジ(AW〜SW)☆ピッチエンドランはアプローチの基本です。ピッチショツト、チップショツトにと両方にと移行出来る打ち方なので初心者の方は、多用して是非覚えましょう。☆ピッチショツト☆ボールを止めたい時(S W) 56度以上有る、クラブで、ショツト。 ☆チップショツト☆ボールを転がす時(P W)〜9番アイアン以上のロフトの少ない、クラブで、ショツト。


右側からの風

★右側からの風★体の正面から風を受けるので、比較的スイングは、し易いでしょう。 フッカーの人は、距離が長い程、風の影響を受けやすいので、落下地点より、かなり右側を狙って勇気を持って、ショツトしましょう。 ◎ゴルフ上達には、風の向き、強さを良く観察する事が、重要です。 ボールが風によって、どの様に影響を受けているか、体験、勉強し、ゴルフ上達に役立て下さい。


左側からの風

★左側からの風★背中から風を受けるので、スライサーの人は、落ち着いつて、スイングしにくいでしょう。長い距離程、玉筋と風の影響を受け易いので、落下地点より、かなり左側を狙って、打たなくてはいけないので、勇気を持って、ショツトをしましょう。


追い風の場合

★追い風の場合★ショツトは比較的しやすいですが。グリーン上で、ボールが止まりにくく、ラフからのショツトの時は、フライヤーに、成りやすいのと、フォローの風に乗って、思わず飛び過ぎる時が有ります。グリーンの奥が、O、Bの区域などが有る時は、要注意、基本的には、クラブの番手を下げて、グリーンの手前の花道か、グリーンの手前を狙ってショツトするのが ベストです。


カテゴリ
最新の記事
プロフィール
日本プロゴルフ協会会員A級インストラクター:椛島敏文
サイト内検索
カレンダー
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
モバイル
このサイトを携帯で見る
このサイトを携帯で見る
その他